読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

月にかかる虹がみたい

詩と写真と洋と裕二とhydeと

汚れちまった悲しみに

中学の国語便覧に載っていた1枚の写真

f:id:miyu258:20170130211520j:image

この写真に一目惚れ

国語の先生の机に押しかけて

この人、なんですか?誰ですか?

先生も嬉しそうに語りたかったらしいが

そこまで詳しくないらしかったなあ

 

その時に掲載されていたのが

汚れちまった悲しみに

の2作

どちらもあまりに自分にマッチしてしまい

学校帰りに本屋で中也の詩集を買ったのでした

 

1日で全部読み終わり

もうとうにこの世界にはいない詩人なのだとその生涯に涙したり

長谷川泰子との恋愛事情にも大変興味深く

なんだろなあ、今でも憧れるんだけど

明治、大正、昭和初期の文學界

浪漫と怠惰と淫靡な香り

今の文學界にはない香り

 

そのど真ん中な中也に今でも陶酔したまんまです

 

山口県湯田温泉

どーしても行きたくて行きました

憧れの中原中也の故郷

 

小さな街の公園にある詩碑

故郷の一節

涙が溢れた

 

中也の生家の跡地に出来た記念館

見た事のない写真

肉筆

最期の写真にまた涙

 

ここだけの話だけど

昔何年間か中原中也様あて

中也の生家の住所に毎年年賀状を書いていたのは、私です