洋さん

そう

大泉洋が死ぬほど好き

 

あの手に触れられたら倒れちゃう

 

彼の奔放な性格の醸し出す色気は

不思議な気持ちにさせられる

 

彼の腕の中で眠りたい

 

あー、妄想野郎だから、じぶん